So-net無料ブログ作成
広角山手線遊戯g   Dr.Pennyのこんなところにお地蔵様が

087:Lamborghini Aventador J [VEHICLE]

aventador_j_top.jpg

この世に数多存在するスポーツカーの中でも、地を這うような車高の低さで、超が付く走行性能を誇り、実用性なんかには目もくれず、誰もが驚くデザインフォルムを有し、そして生産台数が極端に少なく、ぶっちゃけマンションが買えてしまうほどの超高額なクルマを、一般的に「スーパーカー」と呼びます。イタリアの超有名スーパーカーメーカーであるフェラーリとランボルギーニ。私は昔からランボルギーニの方が好きなんですよ。

子供の頃にキン消しを集めた経験がなく、もっともっと古い「カー消し世代」の私です。そんな私が恋焦がれていたのが、ランボルギーニのフラッグシップであったカウンタック。ベルトーネがデザインした70年代スーパーカーブームの火付け役とも言えるクルマです。

countach.jpg

↑↑↑これです

その現在の後継車とも言えるアヴェンタドールなのですが、特に私はこのオープントップの「J」というクルマのデザインが本当に好きなんですよ。

aventador_j_side.jpg
aventador_j_rear.jpg
aventador_j_gw.jpg

イタ車らしい目を引くイタリアンレッドではなく、落ち着いたメタリックな赤いボディ、各所に奢られたカーボンファイバーのパーツ。走りに不要なエアコンもオーディオも付いていない潔さ。っていうかフロントガラスがないだけで、こんなにもクルマはカッコ良くなるものなのかと、カーデザインを「趣味」にしている私は思ったのであります。

↓↓↓ちなみにこれはプロモーションPV



2012年に発表され、2億2千万円超の驚愕のプライスだったアヴェンタドール J。実はこの世に一台しかないスペシャルなクルマです。ランボルギーニで「J」と言えば「Jota(イオタ)」を思い出しますね。あれも本物はテスト車で一台しか作られなかった「ミウラ」のスペシャルバージョンでした。

ランボルギーニ(日本語サイト)
http://www.lamborghini.com/jp/


(この世に一台しかないから)何処行っても飾ってないし、たとえロト6が当たっても本物は買えないし、結局写真でしか見れないので、「ならば」と私はこのミニカーが欲しいのであります。

AUTOart 1/18 ランボルギーニ アヴェンタドール J (メタリックレッド)

AUTOart 1/18 ランボルギーニ アヴェンタドール J (メタリックレッド)

  • 出版社/メーカー: オートアート
  • メディア: おもちゃ&ホビー

オモチャでも結構するんですね^^

aventador_j_run.jpg

タグ:クルマ
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。